バイオ燃料Q&A

バイオガソリンは環境にやさしいの?

バイオガソリン・地球温暖化バイオ燃料のひとつである、バイオガソリンに配合されている「バイオETBE」は、とうもろこしやサトウキビなどの植物成分が含まれています。植物は、光合成によって二酸化炭素を吸収し、成長するので、通常のガソリンを使うのと比べ、植物産まれの燃料をブレンドしている「バイオガソリン」を使うと、二酸化炭素の排出を削減し、地球温暖化防止に役立つといわれています。

このことは、「京都議定書」の内容でも、

植物を原料とする「バイオ燃料」が使われた場合、地球規模の大きなサイクルで考えると大気中の二酸化炭素の総量を増加させない。

と述べられています。

バイオガソリン・地球温暖化
あなたも、バイオガソリンを選ぶ生活に変えませんか?
もちろん、地球温暖化問題を考えると、マイカーの利用をやめたり、減らすことが一番です。
今日できることから、はじめましょう!



バイオガソリンって、これからどうなるの?

バイオガソリンの普及状況バイオ燃料のひとつ、バイオガソリンは、今年2007年4月27日から試験販売が開始され、東京都をはじめとする神奈川県、埼玉県、千葉県の首都圏50箇所の給油所(ガソリンスタンド)で現在販売されています。


石油連盟によると、今年から2010年までのおよそ4年間で全国への本格導入に向けて徐々に販売給油所を拡大していく方針だそうで、具体的には本年2007年は、50ヶ所のガソリンスタンドで販売され、バイオガソリンに使われるバイオETBEの使用量は1.2万KLで、2008年にはおよそ100ヶ所で1.6万KL(前年比およそ1.3倍)、2009年にはおよそ1,000ヶ所で20万KL(12.5倍)、目標の2010年には全国で84万KLを予定しているようです。これからみなさんの街でも、どんどんバイオガソリンが給油できるようになっていきます。


バイオETBE使用量バイオガソリン販売箇所数状況
2007年1.2万KL50ヶ所試験販売
2008年1.6万KL100ヶ所試験販売拡大
2009年20.0万KL1,000箇所導入拡大
2010年84.0万KL全国展開本格導入



バイオガソリンの種類っていろいろあるの?

バイオガソリンの種類バイオ燃料のひとつである、バイオガソリンの種類は、大きくわけてETBEもしくはバイオエタノールを混合した2つがあります。


2007年4月から販売が開始された、ETBEを配合したバイオガソリンは、石油連盟が推奨するものでフランスをはじめとしてスペインなどの国で導入されているバイオ燃料です。一方E3方式のバイオガソリンは、日本では2007年8月から販売が開始になり、こちらは政府(環境省)が推奨するもので、アメリカをはじめとした導入国があり、海外ではバイオエタノールを混合したこちらのバイオガソリンが主流です。混合する割合によってE3やE10などの種類があり、バイオ燃料先進国のブラジルでは、100%バイオエタノールを利用している場合もあるそうです。


また(バイオ燃料の割合に関係なく)バイオガソリンで走る車を「フレックス車」といい、バイオガソリンが普及しているブラジルでは、日本の自動車メーカーであるトヨタや三菱、ホンダなどによって、フレックス車が販売されています。


※「フレックス車」については、当サイトバイオガソリンと自動車をご覧ください。

バイオガソリンの種類
ガソリンに
混合しているもの
推奨者
種類
導入国
バイオETBE
石油連盟バイオETBE配合
バイオガソリン
日本(2007年4月~販売開始)
フランス
スペイン
ドイツ など
エタノール
環境省E3(3%)
E10(10%)
E20(20%)
E25(25%)
日本(2007年8月~販売開始)
ブラジル
アメリカ など


※バイオガソリン・バイオETBEとは・・・
バイオエタノールを石油系ガスと合成し、バイオETBE(エチルターシャリーブチルエーテル)をガソリンに混合したもの。石油連盟が推奨。


※バイオガソリン・E3方式とは・・・
バイオエタノールをガソリンに混合したもの。日本では、エタノールを3%混合したガソリン「E3」が販売される。大成建設㈱、丸紅㈱、サッポロビール㈱、東京ボード工業㈱、大栄環境㈱の5社が出資する、バイオエタノール・ジャパン・関西株式会社(大阪府堺市)が、建設廃木材等を原料として燃料用エタノールを製造。


※石油連盟・加盟企業
出光興産、太陽石油、富士石油、コスモ石油、九州石油、昭和シェル石油、新日本石油、ジャパンエナジー、極東石油工業、エクソンモービルの10社。



バイオガソリンはどんな車にも給油できる?

バイオガソリン給油バイオガソリンは、JISおよび品質確保法の規格に適合した「レギュラーガソリン」ですので、従来のレギュラーガソリンとまったく同じ使い方が可能です。

あなたがお乗りになっている車の車検証や取扱い説明書に「レギュラーガソリンを使用する」と書かれていれば、「バイオガソリン」を給油することができます。

また、オートバイやスクーターなどにおいても、取扱説明書などにレギュラーガソリン使用の記述があれば、自動車と同じように給油が可能です。


バイオガソリンを入れる前に
バイオガソリンを給油しようとする、お持ちの車などの「取扱説明書」を確認し、レギュラーガソリン使用の記述があれば、使用可能ですが、バイオガソリンは、ハイオク車には給油できません、ご注意ください!



日本以外の国でバイオガソリンは使われているの?

バイオガソリン・他国日本以外の国では、フランスやスペイン、ドイツなどの国々で、日本で販売されている「バイオガソリン」と同じ「バイオETBE」を配合したバイオガソリンが発売されています。


※バイオガソリン・各国の取り組みの詳細については、当サイト 各国の取り組み でご確認ください!



バイオガソリンの品質は大丈夫?

バイオガソリン・品質バイオガソリンは何か混ざっているらしいじゃない・・・、そんなもの車に入れて大丈夫?」(友人談)


そう思っておられる方が、多いと思います。しかし、バイオガソリンは、私たち消費者に安心して、車などの燃料として使ってもらえるよう、きちんとした品質管理の行われた、「国内のJIS認定工場」で作られています。JIS認定工場では、従来からある「レギュラーガソリン」に「バイオETBE」が配合されます。


▼「バイオETBE」
バイオETBEとは、とうもろこしやサトウキビなどの植物から作られる、「バイオエタノール」に石油系のガスを化合したものをいいます。



バイオガソリンについてみんなどう思っている?

レギュラーガソリンと同水準の価格で、二酸化炭素の排出量を抑制するバイオガソリンの試験販売が、2007年4月27日からスタートするにあたって、yahooが16,179人に意識調査をしました。(実施期間:2007年4月25日~2007年5月2日)


バイオガソリン給油質問:「このガソリンを使ってみたいと思う?」

回答:
とても思う・・・・・・・・7,518 票(46%)
少し思う・・・・・・・・・4,534 票(28%)
あまり思わない・・・1,934 票(12%)
全く思わない・・・・・1,746 票(11%)
その他・・・・・・・・・・・・447 票(3%)


「とても思う」と「少し思う」を合計すると、およそ7割以上の人がバイオガソリンについて使ってみたいと思っているという結果。バイオ燃料・バイオエタノールの原料であるトウモロコシやサトウキビ、オレンジなどの素材高を懸念して、思わしくないという方もおられるというのが現状のようです。

(yahooニュース・意識調査よりデーター引用)