地球温暖化の影響「異常気象」

バイオ燃料と地球温暖化での異常気象地球温暖化が引き起こす代表的な影響が異常気象ですが、暖かくなるだけではありません。


例えば、西日本は熱帯気候になると言われていますが、蒸し暑くて乾季と雨季の差が激しい東南アジアのような気象になります。


また、世界的に見るなら、雨が増えた地域が増える分だけ、雨の降らない地域が増えます。地域の気象変化は大気の変化につながるため、勢力が強い台風や過去に例のない積雪を生むことになるのです。地球温暖化のよる異常気象は、「暑いと寒い」「多いと少ない」など、気象全体に異常を発生させます。強い台風や多い雨は、生活にも大きな影響を与えますし、少ない雨も大きな影響を与えます。


地球温暖化は「少しだけ暖かくなる」といった生やさしい影響ではなく、毎日の暮らしを変えてしまうかもしれない恐ろしい変化です。バイオ燃料だけでは地球温暖化を防げないかもしれませんが、できることから改善していくことが大切でしょう。