バイオガソリンE3方式のメリットとデメリット

バイオ燃料・E3方式メリットデメリット政府(環境省)が推進している、バイオガソリンの普及方法がE3方式です。E3方式とは、ガソリンに対して3%のバイオエタノールを混合する方法で、海外には10%を混合させた「E10」や、ブラジルで主流となっている「E20」「E25」などもあります。


E3方式のメリットは、将来的に混合比率を上げることができるなど「柔軟に対応できること」や、バイオ燃料を「加工無しに利用できること」、ブラジルで普及した実績から「データが十分にあること」などが挙げられます。


また、E3方式のデメリットには、バイオエタノールは水分と結び付きやすく燃料と一緒に「水がエンジンにまで入ってしまう」こと、バイオエタノールが「ガソリンを蒸発させやすくする」こと、「ガソリンスタンドの設備投資が膨大になること」などが挙げられます。ただし、E3方式のデメリットに関しては、米国やブラジルでは特に問題になってないため、デメリットと言えるかどうか疑問です。