バイオガソリン・E3方式とETBE方式とは

バイオ燃料・E3とETBE方式日本では、バイオETBEを配合したバイオガソリンと、3%のバイオエタノールを混合するE3バイオガソリンのふたつの計画が進行しています。ふたつの方式で進められている背景には、石油業界主導のETBE方式と、政府主導のE3方式の対立があるためかもしれません。


石油業界は、E3方式を普及させるための設備改造費が膨大となると言います。また、E3方式は水に弱く、光化学スモッグの原因になりかねないとして、ETBE方式を強く推奨しているのです。しかし、海外ではガソリンにバイオエタノールを混合する方式が主流であり、10%混合したE10を始め、ブラジルでは100%バイオエタノールで利用しているケースもあります。少なくとも海外の例を見る限りでは、石油業界の言い分は説得力に欠けると言わざるを得ません。


・石油業界・・・・・・・・・・ETBE方式
・政府(環境省)・・・・・・E3方式 ※海外ではこちらが主流