バイオディーゼルと潤滑性能

バイオ燃料・バイオディーゼル潤滑性能エンジンをスムーズに動かすことのできるバイオ燃料「バイオディーゼル」は、自動車愛好家からも期待されている燃料です。


バイオディーゼル燃料は、化石燃料である軽油よりも粘度が高く、エンジンに対する潤滑性能が優れています。

バイオ燃料・バイオディーゼル潤滑性能2
2サイクルエンジンは、ガソリンと同時に潤滑オイルを注入して、エンジンの潤滑を高めていましたが、バイオディーゼル燃料は燃料自体が潤滑性能を持っているため、燃焼と潤滑を同時に行うことができるのです。
ただし、バイオディーゼル燃料の粘度は、冬季の寒い時期に固まりやすいと言う欠点も持っています。メリットだけではないことも覚えておきましょう。

しかし、軽油と混合して利用すれば、潤滑性を高め、寒い時期にも固まらない燃料になることも覚えておきましょう。