バイオエタノール 環境面のメリット

バイオエタノールのメリット自動車用のバイオ燃料「バイオエタノール」が、環境に対してどのようなメリットがあるのか、まとめておきます。

・植物(生命体:バイオマス)が原料なので、人の手で作り出すことができる。
・製造の段階(生物を育てる)で吸収したCO2(二酸化炭素)を排出するため、地球のCO2を増やさない。
バイオエタノールは自然界で分解される物質なので、地球環境を汚染しない。
バイオエタノールを多く含む燃料は、揮発性有機化合物(VOCs)の排出を減少させることができる。
バイオエタノールを燃焼させても、二酸化硫黄や浮遊粒子状物質が排出されない。
・研究開発が進めば、ゴミとして廃棄したり燃やしていたものが、バイオエタノールの原料になる。