バイオガソリン・バイオ燃料を考える

バイオ燃料を考えるバイオガソリンなどのバイオ燃料については賛否両論あります。また、普及方式についても同様です。

ただし、廃食油や廃材、廃棄原料を用いたバイオガソリンなどバイオ燃料作りに、異論を唱える人はいません。

食料を燃料の原料とすることや、原料生産のための環境破壊、バイオ燃料の製造や輸送に伴う環境破壊が問題と考える人がバイオ燃料やバイオガソリンの普及に対し、反対意見を述べているようです。

バイオ燃料に関する、世界的な状況を見る限りは、多くの問題が残っています。ただ、あくまでも過渡期と考え、今後の技術革新や環境・法律の整備を期待するしかありません。

バイオ燃料の必要性や、化石燃料の問題点は、誰もが認知していることでしょう。また、バイオ燃料以外にも、新たな対策が開発されたなら、試す価値はあります。しかし、現状で行える最良の対策がバイオ燃料の利用ならば、地球温暖化を抑制するためにも、バイオガソリンをはじめとするバイオ燃料を普及させるべきではないでしょうか。