バイオ燃料とアルコール

バイオ燃料とアルコールバイオ燃料は、植物(生命体:バイオマス)を原料にして作られる燃料をいいます。

しかし、最新技術で新たな燃料が発明されたのではなく、昔から馴染み深いアルコールを燃料として利用しています。

アルコールと言うと、お酒やビールを思い浮かべますが、燃料として使われた歴史は化石燃料よりも古く、手軽に利用できるためコーヒーサイフォンに利用されていたほか、化石燃料が普及する前にはアルコールで自動車を走らせていました。

採掘技術の発展とともに化石燃料のコストが下がり、石炭から石油の時代に変わりましたが、再びアルコールがバイオ燃料として見直されています。化石燃料は限りある資源ですが、バイオ燃料は新たに生み出せる資源です。懐かしくて馴染み深いアルコールを利用したバイオ燃料は、可能性を秘めた燃料といえます。