バイオ燃料とバイオエタノール

バイオ燃料とバイオエタノールバイオエタノールは、農作物などの植物から作られるバイオ燃料です。

簡単に言うならば、お酒の中にあるアルコールですね。バイオエタノールの製造方法もお酒と同じで、デンプンや糖質を微生物の力で発酵させてアルコールを作ります。ただし、将来的には廃棄される絞りカスなどを原料にしてバイオエタノールが作れるようになるそうです。

現在のところ、サトウキビの精糖後に残る廃糖蜜(はいとうみつ)を利用した実験には成功しています。廃糖蜜は甘みも強く原料としても利用できますが、もっと研究が進んで食料品ではなく、廃棄物が利用されるようになれば、さらに環境に良くなりますね。

また、発酵させたあとに行うバイオエタノールの蒸留には、燃料を燃やす必要があります。現在は化石燃料を利用しているため、CO2(二酸化炭素)の発生が懸念されますが、将来的に植物(生命体:バイオマス)を利用できるようになれば、地球温暖化対策になるでしょう。