バイオガソリンって、これからどうなるの?

バイオガソリンの普及状況バイオ燃料のひとつ、バイオガソリンは、今年2007年4月27日から試験販売が開始され、東京都をはじめとする神奈川県、埼玉県、千葉県の首都圏50箇所の給油所(ガソリンスタンド)で現在販売されています。


石油連盟によると、今年から2010年までのおよそ4年間で全国への本格導入に向けて徐々に販売給油所を拡大していく方針だそうで、具体的には本年2007年は、50ヶ所のガソリンスタンドで販売され、バイオガソリンに使われるバイオETBEの使用量は1.2万KLで、2008年にはおよそ100ヶ所で1.6万KL(前年比およそ1.3倍)、2009年にはおよそ1,000ヶ所で20万KL(12.5倍)、目標の2010年には全国で84万KLを予定しているようです。これからみなさんの街でも、どんどんバイオガソリンが給油できるようになっていきます。


バイオETBE使用量バイオガソリン販売箇所数状況
2007年1.2万KL50ヶ所試験販売
2008年1.6万KL100ヶ所試験販売拡大
2009年20.0万KL1,000箇所導入拡大
2010年84.0万KL全国展開本格導入