バイオガソリンは環境にやさしいの?

バイオガソリン・地球温暖化バイオ燃料のひとつである、バイオガソリンに配合されている「バイオETBE」は、とうもろこしやサトウキビなどの植物成分が含まれています。植物は、光合成によって二酸化炭素を吸収し、成長するので、通常のガソリンを使うのと比べ、植物産まれの燃料をブレンドしている「バイオガソリン」を使うと、二酸化炭素の排出を削減し、地球温暖化防止に役立つといわれています。

このことは、「京都議定書」の内容でも、

植物を原料とする「バイオ燃料」が使われた場合、地球規模の大きなサイクルで考えると大気中の二酸化炭素の総量を増加させない。

と述べられています。

バイオガソリン・地球温暖化
あなたも、バイオガソリンを選ぶ生活に変えませんか?
もちろん、地球温暖化問題を考えると、マイカーの利用をやめたり、減らすことが一番です。
今日できることから、はじめましょう!