バイオエタノールの原料

バイオ燃料・バイオエタノールの原料バイオエタノールの原料として利用されているのは、トウモロコシやサトウキビ、小麦、イモ類、果物などです。

理論的には、分解されると糖質になる成分なら、全て利用可能です。バイオエタノールの製造は、微生物を利用してアルコールを作っているため、発酵の工程で糖質が作られるなら、どんな植物でも利用可能です。

ただ、食料をバイオ燃料に利用することは「反対」とおっしゃる方もいます。もちろん、食料を粗末にしてはいけません。しかし、将来の燃料や地球環境のことを考えて新たな資源「バイオ燃料」を開発して行くことも大切です。食料として作られた作物ではなく、使っていない土地を利用してバイオエタノールに利用する作物を育てるのなら、食料を粗末にするのとは事情が異なると考えることができるのではないでしょうか。


バイオエタノールの原料
トウモロコシやサトウキビ、小麦、イモ類、果物など