バイオエタノール

バイオエタノールの原料

バイオ燃料・バイオエタノールの原料バイオエタノールの原料として利用されているのは、トウモロコシやサトウキビ、小麦、イモ類、果物などです。

理論的には、分解されると糖質になる成分なら、全て利用可能です。バイオエタノールの製造は、微生物を利用してアルコールを作っているため、発酵の工程で糖質が作られるなら、どんな植物でも利用可能です。

ただ、食料をバイオ燃料に利用することは「反対」とおっしゃる方もいます。もちろん、食料を粗末にしてはいけません。しかし、将来の燃料や地球環境のことを考えて新たな資源「バイオ燃料」を開発して行くことも大切です。食料として作られた作物ではなく、使っていない土地を利用してバイオエタノールに利用する作物を育てるのなら、食料を粗末にするのとは事情が異なると考えることができるのではないでしょうか。


バイオエタノールの原料
トウモロコシやサトウキビ、小麦、イモ類、果物など



バイオ燃料とバイオエタノール

バイオ燃料とバイオエタノールバイオエタノールは、農作物などの植物から作られるバイオ燃料です。

簡単に言うならば、お酒の中にあるアルコールですね。バイオエタノールの製造方法もお酒と同じで、デンプンや糖質を微生物の力で発酵させてアルコールを作ります。ただし、将来的には廃棄される絞りカスなどを原料にしてバイオエタノールが作れるようになるそうです。

現在のところ、サトウキビの精糖後に残る廃糖蜜(はいとうみつ)を利用した実験には成功しています。廃糖蜜は甘みも強く原料としても利用できますが、もっと研究が進んで食料品ではなく、廃棄物が利用されるようになれば、さらに環境に良くなりますね。

また、発酵させたあとに行うバイオエタノールの蒸留には、燃料を燃やす必要があります。現在は化石燃料を利用しているため、CO2(二酸化炭素)の発生が懸念されますが、将来的に植物(生命体:バイオマス)を利用できるようになれば、地球温暖化対策になるでしょう。



バイオエタノール 環境面のメリット

バイオエタノールのメリット自動車用のバイオ燃料「バイオエタノール」が、環境に対してどのようなメリットがあるのか、まとめておきます。

・植物(生命体:バイオマス)が原料なので、人の手で作り出すことができる。
・製造の段階(生物を育てる)で吸収したCO2(二酸化炭素)を排出するため、地球のCO2を増やさない。
バイオエタノールは自然界で分解される物質なので、地球環境を汚染しない。
バイオエタノールを多く含む燃料は、揮発性有機化合物(VOCs)の排出を減少させることができる。
バイオエタノールを燃焼させても、二酸化硫黄や浮遊粒子状物質が排出されない。
・研究開発が進めば、ゴミとして廃棄したり燃やしていたものが、バイオエタノールの原料になる。



バイオエタノールと自動車利用のメリット

バイオ燃料・バイオエタノールのメリット2自動車用のバイオ燃料「バイオエタノール」をガソリンに混ぜ、混合ガソリンとして利用することは、石油資源の節約だけでなく、環境に配慮することにもなります。

国内でバイオ燃料の利用が盛んになるのは、まだまだ先の話のようですが、地球の温暖化を今以上に進めないためにも、バイオ燃料「バイオエタノール」のメリットをまとめておきます。

・バイオエタノールには、オクタン価を高める役割もあり、低コストでクリーンな増加物になる。
・バイオエタノールは、多くの酸素を含むため、一酸化炭素の排出を25%~30%減らしてくれる。
・バイオエタノールを混合した燃料は、窒素酸化物の排出量を20%(最高)も減少させる。
・エタノール燃料だけで走る自動車ができれば、排ガス中の有害物質を大幅に減らすことになる



バイオ燃料・バイオエタノールの製造エネルギー

バイオ燃料・バイオエタノール製造エネルギーバイオ燃料「バイオエタノール」の必要性を考えるとき、必ず出てくる議論のひとつに、「バイオエタノールの製造に必要なエネルギーは、燃焼して得られるエネルギーより多い」との指摘があります。つまり、バイオエタノールが働くエネルギーより、作るために必要なエネルギーの方が多いとの噂です。

バイオエタノールを作らず、別なことにエネルギーを使った方が得だと言うことですが、1995年に米国農務省が行った調査では「バイオエタノールの方が34%大きなエネルギーを発揮する」との結論もあります。また、アメリカの民間研究所が行った調査では、農業技術と製造技術を効率よく行えば、バイオエタノールは半分以下のエネルギー量で製造できると結論付けています。

しかし、バイオエタノールを製造するために必要なエネルギーは、石油と同等の生産体制が整ってからでなければ判らないのではないでしょうか?多くの企業はバイオ燃料ではなく化石燃料に大金をつぎ込んでいますが、将来的に大規模施設でバイオエタノールが作られるようになれば、バイオエタノールの製造に必要なエネルギーも大幅に減るかもしれません。