バイオガソリン・ETBE

バイオガソリン・E3方式とETBE方式とは

バイオ燃料・E3とETBE方式日本では、バイオETBEを配合したバイオガソリンと、3%のバイオエタノールを混合するE3バイオガソリンのふたつの計画が進行しています。ふたつの方式で進められている背景には、石油業界主導のETBE方式と、政府主導のE3方式の対立があるためかもしれません。


石油業界は、E3方式を普及させるための設備改造費が膨大となると言います。また、E3方式は水に弱く、光化学スモッグの原因になりかねないとして、ETBE方式を強く推奨しているのです。しかし、海外ではガソリンにバイオエタノールを混合する方式が主流であり、10%混合したE10を始め、ブラジルでは100%バイオエタノールで利用しているケースもあります。少なくとも海外の例を見る限りでは、石油業界の言い分は説得力に欠けると言わざるを得ません。


・石油業界・・・・・・・・・・ETBE方式
・政府(環境省)・・・・・・E3方式 ※海外ではこちらが主流



バイオガソリン・ETBEとは

バイオ燃料・ETBEとはETBEとは、エチルターシャリーブチルエーテル(Ethyl Tertiary-Butyl Ether)で、バイオエタノールとガソリン製造の副産物として生産される「イソブテン」を合成して作られるバイオガソリンで、ETBEは、オクタン価向上剤としても利用されていて、以前利用されていたMTBEに変わる向上剤として注目されています。


MTBEも、エタノールから作られたオクタン価向上剤でしたが、水に解けやすく、ガソリンタンクからもれたMTBEが地下に染み込み、水と混ざって深刻な環境汚染になりました。MTBEの使用を中止し、新たに利用されるようになったオクタン価向上剤がETBEです。ETBEは、水と混じり合わないため、地下に染み込んだとしても希釈されて広がり、被害が拡大することはありません。ただし、ETBEの危険性自体は未確認であり、調査中の段階です。



ETBE方式のメリットとデメリット

バイオ燃料・ETBEとはETBE方式は石油業界が推奨している、バイオガソリンの普及方法です。


ETBEのメリットは、バイオガソリンに水が混じっても解けないため「水の分離が可能」なこと、同時にバイオガソリンに水を含まないため「エンジンを劣化させない」こと、自動車のエンジンおよびガソリンスタンドの「設備が現状のまま利用できる」ことなどが挙げられます。


しかし、ETBEには、発がん性が疑われるMTBEと同様の構造にもかかわらず「毒性に関する情報がない」こと、製造に必要な「イソブテンの量が不足している」ことなどのデメリットがあります。とくに、毒性に関する情報がないことは、重大な問題といえるでしょう。


実際、オーストラリアではガソリンへの添加を禁止していますし、米国でもカリフォルニア州とミネソタ州では利用を禁止しています。環境に優しいとのキャッチコピーでETBE方式のバイオガソリンを売り出しても、裏づけがない状況では、利用しづらいのではないでしょうか。もちろん、問題ないと結論が出たなら、現行のまま改造無しで利用できるETBE方式は、優れたバイオ燃料・バイオガソリンとして普及していくと思われます。